読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨の投資方法とリスクについて

これまで仮想通貨の投資及びビジネスに関わってきた経験を元に、仮想通貨の種類やリスク、今後の可能性についてお伝えしていきたいと思います。

イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いは?

f:id:yuki-shimizu:20170225153629j:plain

イーサリアムクラシックとはイーサリアムをベースとして、イーサリアムよりも安全性を重視され、作られた通貨です。

  

イーサリアムが仮想通貨の中で時価総額2位の座までマーケットが広がる中、2016年6月、何者かに360万ETH(イーサ)総額約52億円と言われるハッキングの被害が発生しました。

 

 

このハッキングについてもう少し詳しくお伝えすると、イーサリアムはそもそもプロジェクトとしてすすめられており、そのイーサリアムのプラットフォームを使って生まれた通貨THE DAOという仮想通貨を経由してイーサリアムがハッキングされた形です。

 

ハッキング事件後、イーサリアムプロジェクトの技術者は2つに分かれます。このときの対応としてハードフォークという処置がなされましたが、これによりハッキングされた通貨は使えない形となり、この対応に一部の技術者が反対しました。

 

その一部の技術者が新しいプロジェクトとして作られたのがイーサリアムクラシックです。このイーサリアムクラシックは仮想通貨はイーサリアムのように誰かが介入して使えないようにするなどの処置はするべきではないという考えの人が集まり作られております。

 

そして、ハッキングの被害に合わないようにイーサリアムよりも拡張性を制限し、セキュリティや安定性を向上させているところが特徴です。

  

イーサリアムとイーサリアムクラシックどちらに投資すべき?

投資を考える上で、イーサリアムとイーサリアムクラシックの大きな違いはマーケットや技術者の規模です。

 

イーサリアムクラシックは一部のハードウォークの処置に反対した人達によって作られているため、開発者の人数や初期段階での資金調達などもイーサリアムに比べれば小規模になります。また、マーケットも小さいため、今後不人気になったり、マーケットが縮小されていくリスクが懸念されます。

 

その分、イーサリアムよりもハイリスク・ハイリターンの投資と言え、資本を投下していくには注意が必要です。

 

その点イーサリアムは現在ビットコインに次ぐ時価総額2位の人気の仮想通貨のため、仮想通貨の中での安定性を求めるならイーサリアムのほうが良いでしょう。

 

このように考えるとビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨へ投資を行ったあと、少額でリスクを負ってイーサリアムクラシックへの投資を行うという考えはありかもしれません。

 

また、イーサリアムクラシックは日本円とのペアではなくドルやその他の仮想通貨との交換となるため、円をベースに考える場合は通貨リスクがあるところも注意が必要です。

 

イーサリアムとイーサリアムクラシックは今後何に注目するべきか?

イーサリアムとイーサリアムクラシックは今後何に注目していくべきかを考えると、この2つの通貨は中央集権型(イーサリアム)か非中央集権型(イーサリアムクラシック)かという違いがあり、長い目で見て企業やマーケットがどちらの通貨を採用していくかに注目していきたいところです。

 

現状はイーサリアムのほうが時価総額や規模なども大きいですが、今後、イーサリアムクラシックがビットコインに次ぐ非中央集権の通貨になる可能性が出てきた場合は大きく化ける可能性があります。