読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨の投資方法とリスクについて

これまで仮想通貨の投資及びビジネスに関わってきた経験を元に、仮想通貨の種類やリスク、今後の可能性についてお伝えしていきたいと思います。

イーサリアム( Ethereum)とは?投資対象としての今後の可能性は?

イーサリアム 仮想通貨の種類と銘柄

f:id:yuki-shimizu:20170215034603j:plain

イーサリアムとは2013年にプロジェクトが開始され、リップルと同様にビットコインの普及後に注目された仮想通貨です。ただ、イーサリアムそのものは総称であって、リップルと同様イーサリアムの仮想通貨にあたるものは別のものです。イーサリアムの仮想通貨の単位はイーサ(EHT)と呼ばれ、このEHTが取引される形になります。

イーサリアムはビットコイン2.0と呼ばれ、お金としての機能だけでなく、プラットフォームとしての機能も備えています。

 

 

 

イーサリアムとビットコインの違いとは? 

まず、イーサリアムの特徴としてはビットコインの話を例にあげながらお伝えしたほうが分かりやすいです。主に、イーサリアムとビットコインの違いは、ビットコインの弱点を克服し、機能が追加されているのがイーサリアムであるということです。

 

その特徴的な技術としては、「スマートコントラクト」と言われる技術で、これは、お金のやり取りが発生したときに、契約のやり取りまでをデータとして強制的に残すという技術です。もちろん、ビットコインと同様にブロックチェーンの特徴であるお金のやり取りの履歴を全て残すという機能が備わっております。

 

例えば、お金のやり取りを行う際に、誰がいくら借りたのか、どのタイミングで返済するのか、何を担保にして貸すのか、などの契約が実際に行われますが、スマートコントラクトとはこれらの記述をデータで強制的に残し、後から解析出来ます。

 

このような契約をデータで残すということが可能ですから、クラウドファウンディングなどでも使うことが出来ると言われております。クラウドファウンディングはネット上で小規模の資金調達を行うときに利用されるものです。

 

例えば、Aさんが資金調達したい場合、企画や報酬をネット上で募集します。これに賛同した人達がお金を投資するという仕組みですが、イーサリアムを使えば、これらのやり取りが偽造や改ざんなく契約上のデータも残るため、スムーズにすすめることが出来ます。また、仲介を発生させず個人間のやり取りで資金を送金出来るため、第三者機関なく資金調達の実現が出来るということです。

 

このように、イーサリアムの発想としては、色々便利なところはいれてしまおうというところが特徴的で、この契約のやり取りや条件以外にもコインに様々な機能を加えていくという形でプロジェクトが動いているようです。

 

イーサリアムの価格と相場は? 

イーサリアムは2014年からプレセールという形で販売され、最初の頃は 1ETHあたり20円~30円で取引されておりました。

 

その後、2015年の8月に正式にオープンとなり、直後の値段は約120円まで上昇していくことになります。

 

そこから徐々に上昇し、2016年の3月に現在の最高高値である1700円ほどの価格となりました。

 

その後は徐々に下がり押し目をつけて、上昇していき以下の値段が今の相場になります。

 

f:id:yuki-shimizu:20170215034500p:plain

 

イーサリアムは今後上昇するのか?

 

イーサリアムの今後を考えると上昇率の期待はビットコインよりも大きいと予測されます。ビットコインはすでに価値がついている状況です。この状況からさらに数十倍ということは難しいかもしれませんが、イーサリアムの今価格であれば期待出来ます。

 

また、ビットコインよりイーサリアムは機能面で優れておりますので、今後世界でイーサリアムの利用価値が認められ、ビジネスなどでも使われ始めれば値上がりするでしょう。

 

また、これは直接イーサリアムの価格に影響はないかもしれませんが、現在イーサリアムエンタープライズ版というプロジェクトがすすめられております。こちらは企業が利用するイーサリアムの研究であり、今後、銀行や企業のプラットフォームとして利用されることが期待されます。

 

こちらのプロジェクトによりイーサの価格にどんな影響があるかは注目していきたいところです。