読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想通貨の投資方法とリスクについて

これまで仮想通貨の投資及びビジネスに関わってきた経験を元に、仮想通貨の種類やリスク、今後の可能性についてお伝えしていきたいと思います。

リップルコインとは?投資対象としての今後の可能性は?

f:id:yuki-shimizu:20170213141600j:plain

 

リップルコインは現在時価総額が3位の仮想通貨ですが、ビットコインとは技術的なところも、使われ方も大きく違います。

ですので、まずは分かりやすく、専門用語は出来るだけ省いて、リップルコインの特徴をお話ししていきたいと思います。
 

 

リップルとはお金なのか?

リップルとは、正確に言えば、お金(仮想通貨)ではありません。お金ではないと言うのはどういうことかと言うと、リップルと言うものが金融システムであり、そのシステムの中で利用されているのが、よくリップルコインと呼ばれているXRPという仮想通貨になります。これは、ビットコイン(BTC)同じものに、当たるのはXRPと言う通貨単位です。
 
リップルとは、金融システムですから、個人間、企業間の送金や決済の向上を目的として作られており、XRPを介して様々な通貨の取引を早く、安く行えるというところが最大の特徴です。
 
そして、リップルはアメリカのシリコンバレーにある<Ripple Inc>が開発しています。
 
もう少し具体的にお話していきます。リップルはXRPを介して様々な通貨の取引が可能であるとお話しましたが、これはどういうことかと言うと、
 
例えば、XRP/JPYと言うような通常の仮想通貨との組み合わせの取引はもちろん可能ですが、他にもUSD/JPY(ドル円)やBTC/USD(ビットコインドル)などの様々な組み合わせの取引も可能なのです。つまり、擬似的ににFXのようなトレードも出来るのがこのリップルです。
 
これは、リップルが採用しているIOUという仕組みがあるため、このような取引が出来ます。IOUとは 「I OWE YOU」 私はあなたに借りがあります。と公式で表現されており、簡単に言えば取引所が発行した負債(借用書)を持つ権利です。
 
ここを詳しく話すと混乱してしまうため、簡単に理解いただくのであれば、擬似的に様々な通貨の取引が出来ると考えていただければ、イメージしやすいかと思います。
 
そして、リップルは金融システムというだけあって、通貨の送金が早く安いため、銀行システムなどにも利用することが可能です。
 
ここ数年<Ripple Inc>は金融業界へのシステム導入が活発になっております。実際に一部の銀行が採用しはじめていることもあり、金融システムとしてのリップルは注目が集まっております。
 
さらにリップルには面白い機能もあり、IOUという仕組みがあるため、独自の仮想通貨を作り出すことも出来ます。
 

リップルコインの詐欺に注意する

リップルには様々な仮想通貨を作ることができる機能があります。そのため、いろいろな企業が独自通貨を作ることができるのですが、その分、信頼性のない企業が作ったコインは詐欺の可能性が非常に高いです。

 

また、その他にもリップルの値段が将来的にあがると謳って、本来の相場価格である値段よりも高く売る業者が入るのも事実です。リップルはセミナーなのではなくウェブ上で購入することができます。ですのでリップルチャートを見て現在の正規の価格を確認してから購入しましょう。

 
こちらは、リップルの公式チャートです。
 

f:id:yuki-shimizu:20170213141133p:plain

 

リップルコインを使うと送金は便利になる?

リップルは金融システムとしての機能を備えているので、送金や決済の早さはビットコインよりも優れております。また、ビットコインほどの相場の乱高下が無いため、送金についてはリスクが低くなります。
 
ですので、個人間の送金を早く行いたい場合、また、銀行がリップルシステムを導入し、銀行間、企業間、海外送金を行ったり決済システムとして利用する上では非常にメリットがあると言えます。
 
ビットコインでの決済時間は約10分程度かかりますが、リップルでは約5,6秒、また、送金の際にかかる時間はビットコインの場合、30分-2日程度必要になりますが、リップルでの送金はほぼ即時に送金されます。
 

リップルコインの通貨と相場

リップルの仮想通貨であるXRPが発行されて最初の2013年の頃のXRPの価格は0.5-0.6円あたりでした。
 
この頃、XRPははビットコインの相場が急騰した後に注目された通貨であり、当初はビットコインよりも優れているという期待感から、リップルコインも大きく上昇すると考えられていました。
 
その期待もあり、また、これは噂の範囲ですが、中国の海外送金需要などが高まったこともあり、2013年の12月に大きく6円まで値上がりしました。元々0.6円でしたから、大きく値上がりしたことは確かです。
 
ただ、その後一気に下降していき、リップルを投資対象としてみていた人達をがっかりさせることになります。そして、しばらく下降気味だったXRPも2014年の年末にかけてまた上昇しはじめます。
 
前回最高値の6円を超えるかという勢いでしたが、1XRPあたり3円まで上昇しその後、また緩やかに下降していきました。このときは、リップルに対しての好条件なニュースが重なったことで上昇したとの噂もありますが、個人的には中国の資金がまた流入したのではないかと考えております。
 
その後は、0.6-0.8円程度をウロウロしているというような状況です。
 

リップルコイン、XRPは今後上昇するのか?

リップルは今後上昇していくのかが、投資家の気になるところですが、取引所の方やネットからリップルの情報収集をしている感じですと、リップルの上昇は今後あまり期待出来ないであろうという見解が多いです。
 
その理由としてはリップル本社自体が、個人市場ではなく、金融業界へシステムの導入を本格的にすすめており、リップルシステム自体はBtoBでの利用が本格的になっております。
 
その点、XRPをトークンとして使うシステムのため、XRP自体が乱高下する仮想通貨ですと、利用しにくいという点があります。また、BtoBでの取引がメインになっていくことで、リップル本社自体が一般投資家のXRP取引を減らしていくような動きも見られます。
 
実際に取引所を運営する方の話でも、XRPは表から舞台を消していき、銀行システムの裏側のトークンとして利用されていくのではないかと予測しておりました。
 
ですので、リップル本社自体は成長していくことが予測されますが、XRPの上昇はそこまで期待出来ないというのが今の現状です。
 
ただ、ある一定のシステム導入がすすんだとき、一旦基準価格まで引き上げると言う可能性も考えられるので、少量のXRPを保有しておくのもありかと思います。
 

リップルコインのリスク

リップルのリスクとしては、ビットコインと同じように取引所の破綻があります。
 
マウントゴックスと同じようにリップルトレードジャパンという取引所が以前破綻しました。この取引所はまあ先駆者として取引所をすすめていただけで、個人運営の取引所でしたので、破綻しても仕方ないかなと思っておりました。
 
実際、私はマーケット上のウォレットにXRPを入れておりましたので、資金は守られておりましたが、リップルトレードジャパンに資金を預けていた方は大きな損失を蒙りました。
 
他の記事のビットコインのリスクのところでもお話しましたが、取引所に預けておくというのは、仮想通貨では大きなリスクになります。ですので、ネットワーク上のウォレットに保管するか、この仕組みを用いてシステムを構築している取引所を利用することが大切になります。